「今季化けたアーセナル選手ランキング」の第1位は、言わずと知れたラムジー。
もし、アーセナルがリーグ優勝したら、MVPに選ばれてもおかしくない活躍を
していると思います。
昨季は、あんなに駄目駄目だったのに(爆)
まさに「化けた」という表現がふさわしい。

で。第2位ですが。
ふつうなら、うっかり(?)ジルーと答えちゃう方も多いと思います。
いえいえ、ジルーは第3位です。超個人的なランキングでは。

ジルーも確かに化けました。
でも、アーセナルには、ジルー以上に化けた選手が存在するのです。

まさかのグナブリー?
いえ、それじゃあ、本当に“まさか”です。
グナブリーは才能豊かな若手ですが、化けるにはもう少し時間が掛かりそう。

ジャック・ウィルシャー?
着実に育っていますが、化けたか?と言われるとちょっと違うような。
以前からウィルシャーは素晴らしい選手でしたから、化けた、っていう感じはしませんね。


じゃあ、その答えは、、、、、、右CBのメルテザッカーです!!

そう、メルテでした。
アーセナルファン以外には、あまり認知されていない地味ぃ~なドイツ代表CBの
メルテザッカー。

ですが、昨季と比べると、異常なまでに化けました。
正直、こんな化け方をしたCBを見たのは、生まれて初めてです。

昨季までのメルテザッカーは、とても足元が下手なCBでした。
大半のアーセナルファンは、そう思っていたでしょう。
実際、今年4月のマンU戦では、当時調子の悪い右SBのサニャとメルテザッカーの
いるサイドを狙われて見事に失点。
なぜなら、メルテザッカーはパス精度が低い上に、ワンタッチで前向きのパスを
出せないからです。
ですから、プレスを仕掛けたり、メルテが出した精度の低いパスをインターセプトして
ショートカウンターを狙う恰好の的になっていました。

昨季のメルテがボールを持つと、モタモタとトラップしながら、不安そうにボールを
キープし、もう1人のCBのコシールニーに横パスを出すシーンが多々見られました。
そして、相手FWには、メルテが前向きのパスコースを見つけられずにコシールニーに
パスを出すのがミエミエなので、そのパスのインターセプトを狙われるシーンが
よくありましたね。

メルテは守備能力は高いのですが、ノロいのと足元が下手なのは致命的な欠点でした。
ですから、昨季までは最終ラインからのビルドアップはコシールニーがやっていました。
その結果、左サイドからの攻撃が非常に多くなっていましたね。

それが、今季は、突然足元が上手くなっていたのです!
もう、ビックリました。
シーズン序盤の8月頃はまだそんなでもなかったのですが、9月に入って以降は
最終ラインからのビルドアップの6割以上を担うまでになりました。

パスコースを作る動きやポジショニングが上手くなったのはもちろん、
トラップもピタッと決めるし、バックパスをもらってもあわてずに
あっさりと処理します。
ボールをもらったら、瞬時にパスコースを見つけてチャンスメイクの
縦パスも、ビルドアップのための右SBへの斜めのパスを出せるように
なりました。
そして、パス精度やパススピードも、昨季と比べると雲泥の差です。

さらに一番大きかったのは、そうやって最終ラインで自信満々にボールを
捌けるようになったことで、相手FWがメルテザッカーにプレスを仕掛けることが
難しくなり、守備面でリスクを負うことがほとんどなくなりました。

正直、コシールニーに肉薄するビルドアップ能力を身に付けたと言っていいと
思います。
私は、コシールニーのCBとしてのビルドアップ能力は、世界で10本指に
入ると思っていますが、メルテもそれに近い能力を29歳にして突然身に
付けたのです。

本当にビビりましたね。
こんなことってあるんだろうか、と。

その結果、今季のアーセナルは右サイドからの攻撃が非常に多くなっています。
右SBのサニャが、昨季と比べて良いパフォーマンスを見せていることもあり、
昨季のストロングポイントだった左サイドからの攻撃よりも右サイドからの
攻撃の方が機能している印象です。
今季、カソルラの調子の悪いことが関係しているかもしれません。

メルテザッカーが化けたおかげで、今季のアーセナルの右サイドからの攻撃は、
かなり強力になりました。
そのおかげで、左右どちらからでも攻められて、相手DFに的を絞らせないように
なったことが、ここまでのアーセナルの快進撃を支えています。

エジルやフラミニが加入したことは大きかったし、ラムジーやジルーの
活躍がアーセナルに勢いをもたらしていることは確かですが、実は
メルテザッカーの覚醒もアーセナルには非常に大きなことだったと思います。

そして、ラムジーやジルーのパフォーマンスは、最近少し落ち着いた感が
ありますが、メルテザッカーの能力はどんどんと向上しています。
いまが成長期と言ってもいいほどです。
そのうち、コンパニ以上の評価を得るCBに育っていくんじゃないかな、と
ひそかに期待しています。

ただ、ヴェルマーレンも大好きなので、もっと出場して欲しい!
本当にアーセナルのCB選びは悩ましいです。


スポンサーサイト