上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国×日本戦の当日になって書くのもアレなんですけど、
ちょっと日本×オーストラリア戦について書いてみます。

素直に言って、良かったんじゃないでしょうか。
当然、急造チームですから組織的な面にはいろいろと問題がありますが、
個人個人は良かった選手も多かったと思います。

あ、もちろん、オーストラリアは弱かったです。
おそらく中国よりも弱い。
でも、それを差し引いても良かったです。

特に良かったのは、月並みですが斎藤と大迫です。

斎藤はゴールシーンはもちろんですが、その他のパス回しに参加するシーンや
グラウンダーのクロスの質、強引に行くところといなすところの判断が的確、
等のさまざまな面で良さを出しました。
Jリーグでの調子の良さをピッチで表現できていたと思います。
A代表のいわゆる「乾枠」を争う一番手として名乗りを挙げましたね。

ドリブラーは他にも原口もいますが、今のところ斎藤が大きくリードしていまいました。
ザックは、韓国戦で原口を先発させそうな予感がするので、そこでどこまで
頑張れるかが原口の最終勝負ポイントでしょう。
そこで活躍することが原口のA代表入りの最低条件。

斎藤と原口のA代表争いは火花バチバチで、とてもおもしろいですね。


大迫は、ポストプレーが秀逸でした。
豊田のポストプレーを評価する声が多いのですが、そうかな?というのが私の感想です。
豊田も悪くありませんでしたが、大迫の方が良かったと思います。
大迫の懐ろの深さが溜めを作り、少し時間を作ってボールを落とすことができていました。

豊田の場合は、収めてすぐにボールを落とすので、あまり時間を作れていません。
落とし自体は上手いですが、ワンタッチで落とすポストプレーは、他のFWでも
十分できるプレーです。
特に、中国やオーストラリア相手であれば。
ですから、収めるポストプレーという意味では、大迫が豊田や柿谷よりも優れていると
言えます。

大迫の決定力については良かったと思いますが、1点目は感心しませんでした。
DFやGKをよく見て打った、という評価が多いですが、私的には
「何こねくり回してんだ、早く打て!」
という風に見ていました。

今回、DFがオーストラリアの若手だったから良かったようなものの、
少しレベルの高いDFであれば、一瞬かわされてもすぐに追いついてきます。
世界と戦うのであれば、あそこは精度は低くなっても強引に打ち切るべきです。
それで外しても、それはそれで構いません。

あそこで強引に打たないで許されるFWは、超絶クイックネスに優れるメッシと
スアレスだけでしょう。
結果論で大迫を誉めるのは、ちょっと違うと思います。

大迫は、その他にも広範囲に動き回り、2トップとしての適性を見せました。
ザックは、大迫が裏に抜けるのがそれほど得意でないと見抜いて(確かにそうです)、
セカンドトップに据えたそうです。
それ自体は正しいと思いますが、4-2-3-1の2列目に置くには、日本代表の2列目は
良い選手が多すぎます。

4-2-3-1であれば、やはり大迫は1トップで使うべきだと思います。
万能性については、前田に劣らないでしょう。

大迫は「ハーフナー枠」を争うことができる選手だと思いました。

ほかに他に気になったのは、扇原と高橋。
ワンセグで見ていたので定かではないのですが、どちらかの選手が
非凡な危機察知能力を見せていました。
(たぶん、扇原?)

もう1試合、見てみたい選手たちです。
ちなみに扇原が度々最終ラインに入ったことについて、批判する向きがあるようですが、
世界的には当たり前の戦術なので、特に感想は有りません。
SBを押し上げることで、相手の前線の守備をかく乱するためによくやります。
遠藤がボランチのときに滅多にCBに下がらないのは、遠藤が最終ラインに入ると
穴になるからです。
背が低く、スピードもないので。


中国戦・オーストラリア戦の2試合を経て、A代表に呼んでもいいな、と
思えた選手は5人です。
西川、柿谷、工藤、斎藤、大迫。

西川は、既に代表の常連。残りの4人は、いずれも2列目もできるFWですね。

判断保留なのが、3人。
扇原、高橋、山口螢


高萩と山田大記は、私の中ではA代表はちょっと厳しいかな、というイメージ。
良い選手たちですが、物足りない感じがします。

さて、今日の韓国戦でこの印象がどこまで変化するか。
楽しみにしたいと思います。

<追記>
8/14のウルグアイ戦も国際Aマッチデーではないので、おそらく欧州組は
呼べないでしょう。
そうすると、東アジアカップのメンバーが中心の招集になるのかも?
ただ、前田・憲剛・遠藤・今野は呼ばれるんでしょうけど。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。