上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少し前の話ですが、FAカップ5回戦のルートンタウン×ミルウォールFCの
試合を見ました。
ミルウォールFCには、アーセナルから2人の選手(イーストモンド、アフォベ)が
レンタル移籍しているので、いまはどんな感じなのかな~?と思って見て
みたんですよね。
ちなみに、ミルウォールFCはイングランド2部のチームです。

・・・残念ながら、2人とも出場してませんでした(^^;
リーグ戦優先のターンオーバーのために出てないのか、単に力不足で出場
できないのかは分かりませんでしたが。

ただ、そうは言っても、一旦見始めたので最後まで見ようかな、と。
見ていると、ルートンタウン(Luton Town)のサッカーが素晴らしい。
ホームってこともあるんでしょうが、ワンタッチでパスを繋いだかと思うと、
中盤でボールをガツンッと奪って速攻したり、スペースを狙って長い
サイドチェンジをしてみたり。

へぇ、やるじゃん。レベル高いなぁ。
1部(プレミア)では聞かないチーム名だけど、イングランド2部かな?
プレミアでも下位相手なら、互角以上にやれそう。

特に、中盤の底でボールを奪って、長短のパスを散らしている14番がいいです。
技術もさることながら、フィジカルを生かした守備のレベルが高い。
なんて名前だろう?

まずは、Luton Townというチーム名でネット検索すると、、、
え? あれ!? ルートンタウンってイングランド5部じゃん!
5部? 5部がこのレベルのサッカーやってんの?
えぇええ??(@@;

ビックリしました。てっきり2部だと思っていたので。
スタジアムもほぼ満員だったため、まさか5部だとは想像もつきませんでした。

14番の選手の名前は、アーノルド・メンディ(Arnaud Mendy)。
22歳・191cmの大型MFです。
稲本タイプの選手と言えばいいでしょうか。
基本的には中盤の底でバランスを取っていますが、時には前線に上がって
攻撃に絡みます。ラストパスを出したり、シュートを打ったり。

さすがにアーセナルに欲しい、とまでは言いませんが、プレミアリーグの
下位クラブなら十分やれそうです。

他にも、左サイドをドリブルで切り裂き、ワンタッチパスで相手DFを
混乱に陥れる17番(Elliott Bennett)とか、魅力的な選手がいっぱいです。

5部がこれだけやれるというのは、かなり衝撃的でした。

試合を支配しているのははルートンタウン。
枠内シュートを何本も放ちます。
しかし、ミルウォールFCのGKが素晴らしい出来で、ゴールを割らせません。
スーパーセーブの連続です。

そして、ミルウォールFCはカウンターからゴールを重ねました。
とは言っても、1点目・2点目はほとんど偶然。
えぇ、それが入っちゃうの?的な。
特に2点目は、ペナルティエリア近くで前を向かせてもらえないFWが切羽詰まって、
振り向きざま適当に蹴ったボールが、なぜか絶妙な軌跡を描き、DFとGKの上を超えて
ゴールの左隅に決まりました。

サッカーの神様、そのゴールが決まるなんて、ちょっとヒドすぎない?

とてもいいサッカーをしているのに、報われないルートンタウン。
ますます攻撃に比重を掛け、試合を支配するルーントンタウンでしたが、
最後はミルウォールFCにとどめを刺されてThe END。
0-3で敗退です。

この日のルートンタウンは、あまりにも運がなかったですね。
かわいそすぎます。
逆に、ミルウォールFCはホッとしたことでしょう。

いずれにしても、5部のクラブがこれほどまでに強いイングランドという国(地域)は、
サッカーが文化として本当に定着してるんだな、と感心させられました。
観客も多かったですし。

これは勝手な想像ですが、さすがに5部だとサッカー専門では食べて
いけないだろうから、アルバイトとかしてるんじゃないかな?
もしそうだとしたら、セミプロの選手(と監督)たちが、こんなにレベルの高いサッカーをしていることが信じられないです。

よく言われることですが、プレミアリーグは中位~下位のチームもかなり強い。
一昨日(2/23)のフラム×ストークス戦も楽しく見ました。
フラムのベルバトフのゴールはとても素晴らしかったですし、
足元も柔らかくて楽しめました。守備もちゃんとしてましたよ。

サッカーの母国イングランドは、色んな意味でパないっすね♪ 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。