上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アーセナルは、FAカップのブライトン戦(4回戦)に勝ちました。
2-3でした。
終盤までもつれたので、再試合になるんじゃないかとヒヤヒヤしました。

この試合で何より良かったのが、ベンゲル監督がローテーションしたこと。
ちゃんとしたローテーションは、今季初めてじゃないでしょうか。
カソルラ、ジャック・ウィルシャー、ウォルコット、ギブス、サニャを先発から外しましたね。
代わりに、ロシツキ、ラムジー、チェンバレン、サントス、ジェンキンソンを先発に起用しました。

※ヴェルマーレンも先発ではなかったですけど、ケガしてるのでローテーションではありません。

ベンゲルがローテーションをしてくれて、ホッとしました。
ローテーションしないことが、個人的にもの凄くストレスになっていたので。

同点だったので、後半23分にはウィルシャーとウォルコット、後半34分にはギブスを
投入してしまいましたが、出場時間が30分以内ですからギリギリ許容範囲内かな、と思います。


久しぶりのロシツキの先発は、本当にうれしかったですね。
やっぱり、ロシツキはいいわぁ~。あの走りを見るとワクワクするし、癒されます。
早くも遅くもなくちょうどいいタイミングで走り出したり、走り込んだりする絶妙さが最高です。
この試合では、3回ほどGKシュチェスニーがボールをキープすることを見越して走りだし、
カウンターとなるロングスローを引き出していました。
走る位置や方向が良いので、相手の選手はロシツキをマークできずにフリー。
先制点は、まさにロシツキの走りがキーとなって生まれましたね。

それから、守備もおもしろいんですよね。
プレスに行けない時は、ボールホルダーから少し離れた位置でスペースを埋めるとともに、
パスコースを消します。
パスの受け手となりそうな選手の動きを見たり予測して、ロシツキ自身が0.5m単位で微妙に
動きながらパスコースを消し続けるので、ボールホルダーはロシツキの方向に
パスを出せません。
結局、ボールホルダーはバックパスか横パスに逃げるしかない。
危険な縦パスやカウンターにはつながらないわけです。
ロシツキの背中には、目でもあるんでしょうか?

また、プレスの掛け方も楽しいです。
ボールホルダーがパスを出した瞬間、パスの受け手にプレスを掛けるのは
普通よくやるプレーだと思うのですが、ときどきロシツキは3人目にプレスを掛けに行きます。
3人目とは、パスの受け手が次にパスを出すだろうと思われる選手です。
パスの受け手には誰か味方選手がプレスに行ってる状況で、ロシツキがその次の選手(3人目)に
プレスに行くので、もしパスの受け手が苦し紛れに3人目にパスを出したら、ロシツキがあっさりと
奪ってしまいます。

もちろん、こんなプレーばかり繰り返していたら体力が持たないので(パスの受け手が
3人目にパスを出さないかもしれない)、ここぞ、という場面を予測して3人目にプレスを掛けるのが
素晴らしい。
ファンタジスタ守備の本領発揮です。

え、「ファンタジスタ守備」なんて言葉、聞いたことない?
うんうん、それはそうでしょう、私がいま作った言葉ですから

ファンタジスタとは何者だ?ということについては、いろいろな考え方があると思いますが、私は、
「数秒先の世界が見えて(イメージできて)、それをコントロール(支配)できる選手」
と表現するのがいいのかな、と思っています。
ですから、ジダン、アイマール、全盛期のロナウジーニョ、小野伸二、ロシツキ、モストボイ、
セスクなんかが私の中でのファンタジスタです。
ナスリもファンタジスタ要素を持っていますよね。

従来のファンタジスタが力を発揮する場面は、攻撃に偏っていました。
でも、ファンタジスタは、発揮しようと思えば、その力を守備でも発揮できるんじゃないのか?
それを体現してるのがロシツキなんじゃないか。

そんな気がするのです。

上記以外にも、ロシツキはカウンターの起点を潰すのが、ものすごく上手い。
ロシツキは、カウンターの起点になる選手にボールが入る前にマークに行きます。
その選手が、ボールを持って顔を上げたときには、既に目の前にロシツキがいるわけです。
ですから、その選手はロングボールを出すことができません。

ロシツキは、なぜカウンターの起点になる選手が分かるのか?
それは、彼がファンタジスタだから。数秒先の世界が見えてるからだと思うのです。

単に守備が上手いMFと比べて、ロシツキの守備は動き出しが異常に速い。
そして、具体的に、どこにどんなボールが入るかをイメージした上で守備をしているように見えます。

ロシツキと言えば華麗なパスを思い浮かべる方も多いと思いますが、それだけでなく、
ロシツキの守備にも注目して欲しいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。