上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガンバ大阪の監督選びに関連して、以前、こういった2つの記事を書きました。

『なぜ松波新監督なのでしょうか?』

『ガンバ大阪は優勝争いから脱落?』

当時、ほぼ私が配がした通りになっており、今季のガンバは非常に成績が悪かったです。
最後1節を残しているので、現時点ではガンバがJ1残留するのか、J2降格なのかは分かりませんが、どうやら松波監督は解任されそうですね。

松波監督は2年契約のため、監督解任の違約金が発生すると思います。
ただ、フロントは来季にコーチとして松波氏を雇うことを約束することで、違約金をほぼ0円まで値切るでしょうね。
自分たちの能力の無さを棚に上げて。
なんだかなぁ。

さて、その松波監督を切った後に据える監督ですが。
各種マスコミの噂では、長谷川健太氏が最有力候補だそうです。

えぇ!? 長谷川健太ですか?
あのリアクションサッカーの?

・・・リアクションサッカーは言いすぎだとしても、ワイドに開いてサイド攻撃を主とするサッカーをしていたのは、みなさん、ご存じの通り。
違う言い方をすれば、広いスペースを謳歌する縦に速い選手をサイドに起き、真ん中に背の高い選手を置くスタイルでしたよね。

少なくとも、ガンバのようにパスを回して押し込むサッカーではありません。

清水エスパルスは、長谷川健太のリアクションサッカーを変えるためにゴトビ監督を招聘して、チームの新陳代謝を図りました。
ゴトビが就任して2年が過ぎ、長谷川監督時代の選手はほぼいなくなって、いまの清水のスタイルはアクションサッカーに変わりました。

それほど、長谷川健太氏のサッカーはパスサッカーとは異なるスタイルだったと言えます。

それなのに、ガンバが次に招聘するのが長谷川健太氏だなんて。
むちゃもいいところです。

一応、名前が知られているJ経験監督で、いまフリーなのは(西野監督を除けば)長谷川健太氏くらいしかいないのは確かです。
だから、ガンバのフロントは、ただそれだけで長谷川健太氏にオファーを出そうとしているようにしか見えません。

なぜなら、

・日本人
・Jでの監督経験があり、リーグ戦では1ケタ順位の常連だった上に
 カップ戦では準優勝の経験が複数回あり。
・態度が柔らかく、ファンや選手からの人気も高い

というような条件が揃っていて、長谷川健太氏を選んでも、「まぁ悪くないかな」と中庸的な反応が返ってくる監督だからです。
つまり、責任逃れ。
長谷川健太氏を選んで駄目だとしても、「あれ、選ぶときに、みんな『うん』って言ったよね?ね?」と言える人材です。
フロントは、誰も責任を取らなくていい。

そんな感じの選び方に見えます。

ですが、ガンバのサッカーと長谷川健太氏のサッカーは、あまりにも違いすぎます。
長谷川氏はロマンティストではないですから、上手くいかなくてもそれなりにまとめてくるとは思いますが、優勝争いをするのは難しいでしょう。
ACL優勝なんて、夢のまた夢。

もし、J2に落ちたなら、現実路線を採用して長谷川氏というのは無くはないですが、いずれにしろ、ガンバのパスサッカーは崩壊に向かうと思います。

スタイルを崩して、中途半端なサッカーをして、ただJ1に残留するだけのサッカーをして、誰も責任を取らずに済むようにしたいのがガンバ・フロントの望みなんでしょうね?

J経験監督だけにこだわらなければ、世界にはパスサッカーに通じた良い監督は数多くいます。
先日、S・モスクワを解任されたエメリ監督だって亜流ではありますが、パスサッカーがやれる監督です。
エメリに限らず、他にも良い監督はいます。

長谷川健太氏なんてガンバに合わない監督は、止めた方が良いと思います。
J1に残留しても、順位は5位くらいになるんじゃないでしょうか。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。