上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、アーセナルのことを書くのが辛いです。
チーム状態最悪なので。

今節は、ホームで最下位のQPRと戦いました。
1-0で勝ち。
とは言っても、誤審で取った1点です。
本当は、アルテタがオフサイドでした。

審判はもちろん、アーセナルの選手自身もオフサイドだと認識するのが難しいほどの
プレーでしたが、スローで見れば誤審ですね。
アルテタが劇的な1点を取ってくれた、と思ったんですが。

いずれにしても、QPRの調子が悪いためにパスはそれなりに回りましたが、
それだけ。
サントスとポドルスキを縦に並べるのは止めた方がいいよ、ベンゲル監督。

ジルーも、まだまだな感じで残念です。

そう言えば、ジャック・ウィルシャーが復帰しました。
70分弱プレーして、まぁ悪くない。
一昨季と比べると5~6割の出来でしたが、攻撃はそれなりに見せ場を作りました。
運動量が無さすぎだし、守備での勘や反応はまったく駄目でしたが、18か月ぶりの
復帰戦としては悪くなかった気がします。
特に、アルテタとカソルラとの三角形でのパス交換や位置取りはイメージの共有が
しやすいのか、今後に期待の持てるゲームメイクをしていました。

サニャも復帰。
点にはつながりませんでしたが、珍しくいいクロスを2~3本上げていました。
復帰戦としては、ジャックと同じくまぁまぁかな。
ジェンキンソンが出ずっぱりだったので、休ませることができたのも良かったです。

カソルラは、、、前節よりは動きが良かったですが、キレは無いと思います。
持ち前の基礎力で頑張っていましたが、やはり疲れは否めないでしょう。
ゴールど真ん前でのフリーでのシュートを宇宙開発してしまいましたし。

ラムジーは悪くないけど、悪くないのに、ぱっとしないのがラムジー。
チェンバレンがケガで離脱したので、パス回しに参加できる右サイドがラムジーしか
いません。
どうしたらいいのか・・・。

両サイドからジルー目がけてハイクロスばかり上げるサッカーには、ほとほと
ガッカリしました。
そういうサッカーは、マンUに任せておけばいい。
そんなサッカーは、もともと得意じゃないんだから。
サイドをえぐってグラウンダーのマイナスのクロスを上げるか、ペナルティエリア近くで
パス交換して点を取るのがアーセナルでしょう。

相手に的を絞らせないためにオプションとしてのハイクロスはあっても良いけれど、
それを攻撃方法のメインに置くほど、ハイクロスが得意なわけじゃない。

今季、マンUはパスサッカーを志向していますが、つまらない試合が多いです。
クロスを上げないマンUはマンUじゃないと思います。
逆に、クロスを上げた試合ほど、おもしろくて良い試合をしています。

同様に、アーセナルがハイクロス中心の攻撃を仕掛けるのには、本当にうんざりします。
点が取れないのも当り前です。

たのむよ、ベンゲル。
俺は、こんなサッカーを見るためにアーセナルファンをやってるんじゃないんだ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。