上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ときどき、サッカーは残酷です。
アーセナルは、ほんといい試合をしてました。
今季、最高と言っていいパフォーマンス。

特に、ジェンキンソンとチェンバレンは素晴らしかった。

でも、セットプレー2本で負け。
1-2でした。

決定的なチャンス2本を、GKのチェフに阻まれました。
くそーーー、チェフのばかやろぉおおおおおお!

ただ、本当に良い試合でした。
プレミアらしく激しくて厳しくて、でも、技術的にもすごくレベルの高い試合。
チェルシーでは、特にトーレスがヤバかった。
突然覚醒するなよ、トーレス!

逆に、コシールニーは、いまいちでしたね。
悪くはないのですが、もうちょっと、って感じ。
前節に出てたのですが、試合勘が回復しきってない感じでした。

ジルーとカソルラも決定的なチャンスでのシュートが枠に行かなかったのが、
ほんとツライです。

アウェイでは、絶対リベンジしてやる!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。