上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0-1で負けたW杯アジア3次予選について、箇条書きで思ったことを書きます。

・ウズベクはフィジカルがある割に、足元も判断力も良い。
 個人的に、日本以外のアジアでは一番好きなチーム。

・遠藤は、いつもウズベク相手には輝けない。
 フィジカルで抑えこまれたる上に、ウズベクは一定以上のテクニックとフィジカルでプレスを
 かわすスキルを持っているため。
 やっぱり、この日の遠藤も消えていた。
 公式戦であり、ケガは理由にならない(プレーに支障あるほどのケガなら、当日朝に先発を
 辞退すべき)。 

・乾のポジショニングは良かった。
 だけど、やっぱりフィジカルのある相手に乾のドリブルは通用しなかった。

・香川も少し違いは作ったけれど、輝けず。
 後半途中まではコンディションは悪くなく、スキルに問題があった。
 ドルトムントでのトップ下は、周りに生かされていることを認識したはず。

・岡崎は走り回るスタイルなので、後半、運動量やプレー精度が落ちたのは、
 ある程度やむを得ない。
 だから、早い段階で点を取って欲しかった。

・李にはボールが入らない。だから、調子の良しあしが不明。

・長友は次第に消えて行った。

・内田は、みんなが疲れている後半に攻撃で活躍した。
 一番よく走ったと思います。ダッシュも何回もしていました。

・川島のGKは良かったです。スーパーセーブもあったし。

・長谷部は、まぁ頑張った。良くも悪くも期待通り。

・吉田麻也と今野は、まぁ良かったと思う。


ホームで負けたことが、良い教訓になったんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。