上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コパ・アメリカ準決勝、パラグアイ-ベネズエラを見ました。

試合はなかなか好ゲームだったのですが、延長含めて120分を戦って0-0。
PK戦です。

このPK戦のレベルが高かった。
試合中からパラグアイのGKの出来が良かったので、パラグアイの圧勝かと
思いきや、ベネズエラのキッカーのシュートが良くて、序盤は互角。
お互いのシュートの球の速度が尋常じゃないし、コースもかなりギリギリを
狙ってます。
ちょっとレベルが高くて、ほれぼれしてしまいました。

最終的には、やっぱりパラグアイのGKが完璧な読みと動き出しで
シュートを一本止めてパラグアイが勝ちました。

ですが、蹴りも蹴ったり、取るも取ったり。
本当に両チームとも素晴らしいPK戦を見せてくれました。

よく「PK戦は、くじ引きみたいなものだ」と言われますが、先日の
ブラジル-パラグアイのPK戦でのブラジルと比べると、圧倒的に
今日のパラグアイ、ベネズエラのPKスキルの高さは上だったと思います。

PKは運じゃない。
そう言い切って良いような試合でした。

全体的にも、南米っぽいスリリングな試合で楽しかったです。
パスサッカー好きには、ちょっとつまらなかったかもしれないですけどね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。