上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベンゲルのばかやろぉおおおおーーー!!!
なにやってんだ!!!!


素晴らしいザック采配を見た翌日に、まさかベンゲルの
こんなヘボ采配を見せられるとは。

なにを怒っているかって?

FAカップ4回戦、アーセナル-ハダースフィールド・タウン戦のことです。
これまであまりFAカップには興味がなかったのですが、
たまたま見てしまいました。

フォーメーションはこれ↓
---------------------------------------------
              シャマフ
  アルシャビン    ナスリ     ベントナー           
       デニウソン    ディアビ
ギブス   コシールニー   スキラッチ    エブエ
             アルムニア
---------------------------------------------

うわぁあああああああ!!!!
どうして、ナスリ?
なぜ、ナスリを先発させるんだ!!??


この試合の後、中2日でリーグ戦(しかも相手は、あのエバートン!)、その次は
中4日でニューカッスル戦、さらに2月中旬にはバルサ戦、と強豪相手の厳しい戦いが
続くんだから、ナスリは温存して当然。

しかも、最近のナスリは疲れからか、動きが鈍っています。
1/1のバーミンガム戦以降、約1か月もナスリにゴールがないのは、身体のキレが
ないのと無関係ではありません。

なのに、なのに、なぜナスリ・・・。
バルサ戦で絶好調になってもらわないといけないナスリを
なぜ3部のハダースフィールド・タウン相手に先発させるんだ・・・。

なに考えてんだよ、ベンゲル。

試合出なさすぎで、試合勘が無くなってるロシツキだっているじゃん。

ロシツキがインフルエンザ明けで難しいなら、
元気いっぱいのウォルコットだっているじゃん。

なんで?
なんで、ナスリなんだよーーーーーー!!!


そんな私の願いもむなしく、ナスリは先発。

すると、アルシャビンとベントナーが前線を走り回ります。
ナスリは、なんだか消えています。

もしかして、省エネプレー?
疲れを抑えるために、良い意味でサボってるのかな?

ハダースフィールド・タウンは、イングランド3部のチームとは言え、
なかなか動きがいいです。
Jリーグだったら、優勝争いに絡んでもおかしくないほどの強さ。
ベストメンバーでないアーセナルは、結構手こずります。

それでも、21分にベントナーが先制。
ほっと一息。
まぁ、あれだけスペースがあれば、さすがのベントナーでも決めるでしょう。
1回、絶好のチャンスを外してるしね。

その後も、ずっとナスリは消えています。
ちょっと消えすぎのような?

アルシャビンが、しゃにむにドリブルとパスで相手ゴール前に
迫ります。
身体のキレは悪くないようですが、最後のパスもシュートも精度がいまいちで、
切り返しのスピードもなんだかな的な。
ベストの出来からは、まだ遠い感じです。

前半31分。

ふと見ると。ナスリが地面で転がり回っています。

え、なに?
誰かにファウルされたの?

テレビにリプレイが流れます。
普通に走っていて、いきなりコケました。
そのまま太ももを押さえて、ゴロゴロ転がります。

ぐぉおおおおおおお!!
太ももの裏、やっちゃってるじゃん!
肉離れだーーーーーーーーーーーーーっ!!


サイアクだ・・・・。
だから、ナスリを休ませろって言ったのに・・・・。
前半に消えてたのは、わざとじゃなくて、身体のキレが無かったからなんじゃん・・・。

たのむよ、ベンゲル。
今シーズンのアーセナルを牽引してきたキーマンだろ、ナスリは。
もうちょっと大事にしてやってくれよ・・・。

太ももの裏の肉離れじゃ、最低でも2~3週間は戻ってこれない。
バルサ戦は出られないか、出られてもコンディションはボロボロだろうな・・・。

ナスリ抜きで、今の絶好調のバルサに勝てると思ってるのかよ?
メッシなんてリーグ戦18試合で21点も取ってるんだぞ、、、、、
ビジャだって、20試合で14点。
100%勝てねぇよ・・・。

それどころかエバートン戦とニューカッスル戦だって、どーする気だ。

ロシツキは試合勘なくて調子悪すぎだし(10~11月頃は、あんなに好調だったのに!)、
ディアビ・デニウソン・ベントナーは強豪相手にはからきし駄目だし、
セスクとファン・ペルシーだけで何とかなると思っているんだろうか?

その上、前半でCBスキラッチがレッドカードで退場。
トホホ。
こういうのを泣きっ面に蜂、って言うんだろうな。

人数が少なくなったアーセナルは、後半の頭からシャマフ→ソング。
しかし、66分にはハダースフィールド・タウンに同点に追いつかれてしまいます。

すると、69分、ベンゲルはすかさずセスクを投入。

3部相手にセスクまで使うなんて・・・。
本気すぎるよ、ベンゲル。
FAカップ4回戦のためにリーグ優勝まで捨てる気なんだろうか?

最後、セスクからの縦パスにベントナーが反応したところ、ペナルティエリア内で
倒され、PKを獲得。
これを決めて、何とか2-1で勝ちました。

それにしても、この試合の代償は大きかったです。

いまの最強バルサと互角に戦うには、アーセナルもベストメンバーが揃い、
全員絶好調であることが必須となります。

その条件が揃わない以上、バルサに勝つなんて夢のまた夢です。
がっかり。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。