上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私はサポーターと言えるほどではありませんが、Jの中ではジェフが一番好きで、秘かに応援してきました。
ですから、今季、J2落ちしたことは非常に残念でした。
特に、あれだけ迷走していた大分に抜かれて最下位になってしまったことは、ショックでした。

フロントが、ミラーを解任したタイミングは悪くなかったと思います。
それどころか絶妙と言っていいでしょう。
昨季に残留させてくれた大恩があるとは言え、サポーターもスポンサーもこれ以上は我慢できない、というタイミングでの交代。
一方、ここで反転攻勢を掛ければ、まだ十分にJ1残留できる状況だったと思います。

2008年にクゼを解任したときにも思いましたが、監督の解任時期については、現フロントはいつも非常に的確な判断をしており、その決断力には驚かされます。

しかし、後任が江尻監督でした。
これには、ガッカリしました。
このタイミングで監督を変える以上、チームの目標はJ1残留の筈です。
なのに、プロチームの監督経験の無い方を選ぶとは。

契約金等の経営上の問題があったのかもしれませんが、監督経験の無い方が残留請負人として力を発揮するのは、非常に難しいと思います。

そして、私の不安通りに、その後のジェフは、攻撃も守備も一体何がしたいのかよく分からないチームになってしまいました。
明らかに監督の経験不足です。


才能はあるが経験のない若手監督に力を発揮させるには、シーズンオフにきちんと準備期間を与えることが必要です。
そして、監督とともにチームが成長する、というシナリオを描くことは、フロントにはできた筈です。

しかし、フロントは、それをしなかった。
独りよがりな判断で若手監督に重責を担わせたからこそ、チームはJ2に落ちたと考えるべきでしょう。

それでは、今後のジェフはどうすればいいのでしょうか?

サポーターでないが故に、厳しいことも言える私から見ると、いまのジェフは非常にマズい状態です。

悲しいかな、初めてJ2落ちしただけあって、フロントの認識が甘い。
このままでは、少なくとも2~3年はJ2に定着しそうに見えます。
下手をすると、湘南のように長くJ2中位に留まることになる可能性さえあるでしょう。

J2からJ1に上がるためには、だいたい2つの方法があります。

(1)チームのスタイルを作って、調子の良し悪しに関わらず、徹底的にそれにこだわること。
 →09年の仙台/湘南、08年の広島等

(2)凄く攻撃力のある個を獲得するか、育てること。
 →09年のC大阪、07年の東京V等


ジェフは、江尻監督の考えるイビチャ・オシムに近い(しかし全く同一ではない)形の攻撃サッカーに回帰し、(1)を狙いたいのでしょうが、いまのジェフにいる選手たちを眺めると、おそらくそれは非常に難しいと思います。
その場をしのぐために集めた選手たちが多く、必ずしも江尻監督のやりたいサッカーに適した選手が揃ってないように見えるからです。

その最たる選手が巻です。
私は巻が大好きですが、いまの巻はポストプレーや足元の技術も期待され、中途半端に上手くなってしまいました。
頭しか使えず、ポストプレーも下手で、走り込んでゴールを決めることと前からの守備に走り回ることしかできなかった頃の方が、おそらく江尻監督には使いやすかったでしょう。

深井や太田、中後もおそらくフィットしにくいと思います。
江尻監督は、来季、中後を中心にしたいのかもしれませんが、もしそうならば、走る量が足りずに破綻するんじゃないでしょうか。

ジェフが新しい江尻スタイルを定着させたいのなら、現有勢力から中心選手を選ぶのではなく、江尻監督自身のメッセージを素直にプレーに反映できる新しい選手を中心にするべきです。
ミラー監督やオシム監督の"垢"がのついた選手を中心にしては、ジェフは迷走する可能性が高いと思います。

実際、イビチャ・オシムもジェフで若い阿部をキャプテンにしたり、代表でジーコジャパンでは選ばれたことのない鈴木啓太をキーマンにしたりして、新たなスタイルを構築しました。

今季で言えば、浦和のフィンケ監督が山田直輝と原口を抜擢して、ポンテや高原をあまり使わず、中心だった闘莉王を放出して、新しいスタイルへの変革を図っています。

やはり、短期間で(とは言っても、1~2年は掛かるでしょうが)新しいスタイルを定着させるには、中心選手を変えるのが一番です。
ですから、佐藤勇人がどれだけラブコールをしようと、ジェフは獲得してはいけないと思います。

いまからでも遅くありません。
今季のオフで中心選手たちを放出し、江尻監督が自分の目で新しい選手を抜擢して欲しいです。
そうしなければ、ジェフのベースはなかなか固まらず、早期のJ1復帰は難しいでしょう。
よしんば、J1に復帰しても、すぐJ2に落ちるエレベータークラブになりかねません。

かなり異端な考え方であり、おそらく熱心なサポーターの方ほど受け入れられにくいでしょうが、私はそう思います。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。