上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、また、中華タブレットに興味を持っています。
理由は、寝っ転がりながら、サッカーの試合を見たいからです。
夜の寝入り端(ばな)に、ネットするのにも良さそうです。

しばらく中華タブレットの世界から離れていたので、最近の動向がまるで分かってなかったのですが、中華タブレットなのにIntelのCPUを積んでいるのが、今の主流なんですね!
驚きました。
まさか、中華でIntel・・・。
以前は、中国製のCPUが主流だったのに(RK3066、RK3188等)、時代が進むのは速いですね。

しかも、AndroidとWindowsのDualブートが可能なのが、中華の特徴のようです。
ま、これは、何となく知ってはいましたが、そのせいで32GBの内部ストレージ(フラッシュディスク)を持っていても、OSで容量を食うため、結構、残り容量は少ないみたいですね。
言われてみれば当然なんですけど、最初は気づかなかったです。

個人的には、タブレットのOSはAndroidだけで良いんですが、Androidのみが入った中華タブレットはあまり無いらしく(Windowsのみのものはある)、それだったら、このDualOS版を買うことになりそうです。
Windowsは特別必要はないですが、入っているのなら入っているで、何か活用できるかもしれませんし。

それと、最近のスマホの大型化(5.5インチが主流になりつつある)に伴って、7インチのタブレットが廃れつつあるようですね。
少なくとも、中華タブレットの世界では。
なるほどな、という気がします。
いま、主流なのは、8インチと10インチだそうです。
この大きさなら、持ち運ぶと言うより、家の中で使うことがメインなんだろうな、と思います。
まぁ、私も、家の中で使いたくてタブレットが欲しい訳ですし。

そんな訳で、今回のターゲットは8インチ。10インチは、やっぱ、重いんだよね~。
寝っ転がって使うには、8インチが限界でしょ!
そこで、色々と探して見た結果、いま、8インチで熱いのは、この機種だと思います!

Teclast X80 Power

http://www.gearbest.com/tablet-pcs/pp_353942.html
http://win-tab.net/imported/teclast_x80_power_1604202/


Teclast X80 Power -1

Teclast X80 Power -2



■主なスペック

OS: Android 5.1、Windows 10のDualブート
CPU: Intel Atom X5-Z8300(64bit、クアッドコア。1.84GHz)
RAM: 2GB
内部ストレージ: 32GB
ディスプレイ: 8インチIPS(1920 x 1200
ネットワーク:  802.11 b/g/n/、Bluetooth
カメラ: イン/アウトとも2MP
入出力: microUSB、microHDMI、microSD(128GB)、オーディオ
バッテリー: 3800mAh
サイズ: 208.3 x 123.4 x 7.3 mm / 320 g

今月(2016年6月)になって本格出荷され始めた新機種です。
ディスプレイと外部ストレージ周り以外は、ほとんど同じスペックの以下の2機種が先に発売されており、中華タブレットとは言っても、ある程度枯れているでしょうから、それなりの動作安定性が期待できると思います(バッテリ周りは除く)。

◆先行機種

Teclast X80 Plus (発売開始:2015年11月頃)
 [Powerとの相違点]
  ・画面解像度が1280×800。(Powerは1920×1200)
  ・microHDMIが無い。
  ・microSDドライブが、32GBまでしか対応していない(Powerは128GB対応)

Teclast X80 Pro (発売開始:2016年2月頃)
 [Powerとの相違点]
  ・本体裏面がプラスチック製(Powerは金属製)
  ・microSDドライブが、32GBまでしか対応していない(Powerは128GB対応)

こう見ると、ほとんど変わっていないです。
特に、ProとPowerの差は、ほんのわずかです。
つまり、中華タブレットには珍しく、安定性を期待できる機種(特にファームウェア周り)だと思います。

しかも、価格は98.89ドル。
円高が進んでいますから、1ドル=105円で換算すると、たったの10,384円という安さ。
これは欲しくなっても、しょうがない(笑)

Powerは金属製なので放熱も期待できますから、壊れにくい可能性もあります。

と言うことで円高のうちに買ってしまいたいのですが、さすがに発売された直後なので、不安です。
いくら先行機種があって枯れている可能性が高いとは言え、バッテリ周りは油断できません。
使っているバッテリが変更されている可能性もあります。
また、microSDの128GBが読み込めるかどうか等はファームウェアに依存する可能性があるため、そこも心配です。

そんなわけで、たいへん申し訳ないですが、アーリーアダプター(初期少数採用者)が購入してみて、その安定性や機能がどうだったかを確認してから購入したいと思います。
中華タブレットの品質の低さ(と言うか、バッテリの出来の悪さ)は、momo7 daren editionで嫌と言うほど味わいましたから。

【追記】
この機種が駄目だったら、定評のある(でも、ちょっと処理が遅いらしい)CHUWI Hi8 Proを狙うかなぁ。
でも、定評があり過ぎて、ちょっとつまんなさそーな感じはしますけどね。

↑やっぱ、中華タブレットを買おうと考える人は、おもしろそうかどうかってトコにポイントを置いちゃいますよね~(^^;
スポンサーサイト
今年(2013年)5月に7インチの中華タブレット(MOMO7 daren edition)を買いました。
11,000円くらいだったかな。
2週間くらいは調子が良かったのですが、その後、なかなか充電ができないというトラブルが
発生し始めました。
2~5回に1回しか充電に成功しないんですよね。
ちなみに、保証期間が過ぎてから問題が発生したので、交換はできません。

この機種自体は非常に良い出来で、操作性等については何の問題もなかったのですが、
このバッテリーの問題があるために、あまり使えないという残念なことになりました。

それでもだましだまし使っていたのですが、とうとう今週、全く充電ができなく
なりました。
ちなみに、AC電源ケーブルを指したままでも、一切充電されていないので、起動しません。

もう捨てるしかないな。

そう思ったのですが、どこかのWebページで「タブレットを殻割(分解)してバッテリを交換」
した人がいるという記事を見ました。

じゃあ、ダメ元で俺も殻割してみよう。うまくいけば、バッテリを替えるだけで
直るかもしれない。

というわけで、100均で吸盤と精密ドライバーを買ってきて、殻割に挑戦してみたら、
こんな結果になりました

タブレットの殻割失敗

液晶を覆っているガラスカバーがバリバリに割れました。
ガラスカバーと本体とは接着剤で強力にくっついていた上、とても薄くて耐久性が
なかったので、殻割する際にカバーに力が掛かったときに、いとも簡単に割れてしまいました。

噂では「両面テープで留めているだけ」というのが中華タブレットの常識だったはず
ですが、このMOMO7 Darenはしっかりと作ってあったために殻割は困難でした。

一般の方は、この機種の殻割は止めた方がいいと思います。

さて、せっかくのタブレットですが、しばらく買うのはお休み。
円安でNexus7(2013)やiPad miniは高いですから。

来年にでもなったら、また考えます。
まだ買ってないの?って声が聞こえてきそうです。
タブレットのお話です。

ええ、まだ買ってません。
7インチのタブレットが欲しい欲しい、と思いつつも、まだ買ってないのです。
もう悩みすぎて頭の中がぐちゃぐちゃです

実は、2月頃に中華タブレットのMOMO7 Daren edition(達人)を買おうと思ったんですけど、
ちょうど中国の春節(正月)のために品切れになってたんですよね、信用できそうなお店だと。
中華タブレットは、それ自体にトラブルの種を数多く秘めているので、お店はせめて
信用できそうなところで買うつもりでした。

その後、年度末で仕事が忙しくなってタブレットのことは、しばらく横に置いておいたら、
ドコモから噂のdtabが発売。
ドコモショップで見てきましたが、いいですね。
10.1インチの大画面には心惹かれます。
(ちなみに、私の携帯はドコモです)

でも、本命は、あくまで7インチ。ふだん、スーツの内ポケットに入れておける大きさの
タブレットが欲しい。

そうしたら、4月中旬になって件のお店でMOMO7 Darenの再販売予約が開始。
激しい円安にも関わらず、値段も以前より安いくらいです。
これは買いだ!と思って、色々と調べていると、、、、
電池が3~4時間しか持たないらしい?
そーだったっけ。

うーん、結構長時間使うだろうからなぁ、、、電池が3時間しか持たないと辛いかも
308gと軽いし、画素数は1,280×800だし、コスパも良いし、とてもバランスのいい機種なんですけどね。
カスタムファームウェアもありますし。

そこで少し迷いが出ていたところ、dtab7(7インチのdtab)の発売の噂が。。。
いつ発売なのかは分からないし、画素数も不明。
でも、超気になります。
10.1インチのdtabが、すごく良かったからね!

その上、新Nexus7は5月発表の7月発売と言われています(7月って言っても、
米国での発売でしょうけど)。
画素数は1,920x1,080(フルHD)というもっぱらの噂です。
ただ、248ドルだとも言われていますね。
それなら、MOMO7 darenは約11,000円ですから、それと比べると新Nexus7は2倍以上!?
(1ドル=95円換算)

円安なんてキライだーー!!

そうそう、中華タブレットも新世代の製品に話題が移りつつありますね。
RK3188という本命クアッドコアCPUを載せた中華タブレットが出てきています。
ただ、RK3188が載った7.9インチタブレットは、画素数が1,024×768がほとんどのようです。
残念。

早くRK3188が載った7インチで1,280×800の中華タブレットが発売されないかなぁ?
消費電力が少なくて、電池の持ちが良くなりそう、と言われているので。

でも、発売されるのはもう少し先みたいだし、人民元(中国の通貨)との為替レートを
考えると円安が進んでいるのは間違いないので、もし発売されても、そんなに割安感は
無さそう。
それに、中華タブレットに使われるCPUは結構ハズレも多いので、意外と速くない場合もあるし。
(Ainol NOMO7 VenusのクアッドコアCPU(ATM7029)は、あまり速くないようです)

それだったら、やっぱりMOMO7 Daren editionを買うのがいいかなぁ?
別に、電池の持ちだけの話だしね。

もう少し迷ってみます←いつまで迷うんだ!
以下は、2013年1月23日17時15分現在の情報です。
その後、情報がアップデートされている可能性がありますので、
最新情報については必ずドコモにお問い合わせください。

----

ドコモが1/22に報道発表した格安タブレットdtabについての情報です。

dtabは、

・10.1インチTFT液晶(画素数:1280×800)
・CPU:K3V2T/1.2GHz クアッドコア(Nexus7のTegra3よりも高速と言われています)
・RAM:1GB
・ストレージ:8GB
・通信機能:Wi-Fiモデルのみ(3GやLTEモデル無し)
・microSDスロット有り
・GPS有り
・Bluetooth対応
GooglePlay対応(情報元:GigaZINEのこの記事

といったなかなかのスペックを誇るタブレットです。
3月下旬に発売予定となっており、通常価格(予定)は25,725円です。

ただし、以下の3つを同時に契約している場合、2013年9月末までは9,975円で購入可能になる予定だそうです。

・ドコモの回線契約
spモード契約
・dビデオ契約(月額:525円)を最低6ヶ月間

9,975円って、、、中華タブレットより安いじゃん!

ただ、3つの契約条件のうち、気になるのがspモード契約です。
いま持っているドコモ携帯がスマホなら問題ないのですが、ガラケーの場合は
どうしたらいいんでしょうか?
そもそも、ガラケーってspモード契約できるの?

気になったので、ドコモのインフォメーションセンター(総合お問い合わせ)に電話してみました。
※ドコモ携帯から掛ける場合、電話番号は151です。その場合、通話料は無料です。

電話に出られたドコモのYさんは、非常に丁寧な方でした。
以下が、Yさんからの回答の要旨です。

◆ガラケーでも、spモード契約・dビデオ契約とも可能です。
◆ただし、実用上、ガラケーからspモードを使うことはできません(スマホ用のサービスのため)。
◆ガラケーで既にiモード契約(月額:315円)をしていれば、spモード契約を追加しても
 合計料金は据え置き(月額:計315円)です。
 (割引サービスがあるためだそうです。おそらく、ISPセット割のことだと思われます。)

と、ここまでは良かったのですが、次が予想外の回答でした。

◆ガラケーをご利用の方が同時に3つの契約を行った場合に、dtabの販売価格を
 9,975円に割り引くかどうかは
検討中
です。
 別途、ドコモ公式Webに掲載する等の手段で発表させて頂きます。

あらら、、、、まだ決まってなかったのね

私個人の勝手な想像ですが、たぶん、テザリングのできないガラケーユーザがdtabを買うことは、
あまり想定してなかったんじゃないかな?

まぁ、dtabの発売予定は3月下旬ですから、まだ2か月ありますもんね。
ガラケーユーザーのみなさんは、気長に待ってみてくださいね
中華タブレット業界を牽引しているAinolから7インチタブレットの本命が登場しました。
(1/13現在では、まだ予約受付中のようですが)

その名も、NOVO7 Venusです。

またの名をNOVO7 Mythと言いますが、これは中国国内での販売用するときの名前のようです。
国外販売用の名前がVenusらしいですね。
(ちなみに、Mythは「神話」という意味です)
国内販売と国外販売で何が違うのかはよく分かりませんが、Ainolはときどき
国内と国外で商品名を変えます。
電源仕様でも違うのでしょうか?

そこで、7インチのメジャータブレット(非中華)のうち、最も低廉な価格の
Kindle Fire HDと比較してみました。
相対的に優れていると思われる部分を赤字、劣っていると思われる部分を
青字にしています。
また、背景が薄緑な部分は、個人的に注目したい仕様を示しています。

NOVO7 Venus vs Kindle Fire HD


まず価格ですが、2,000~2,500円ほどNOVO7 Venusの方が安いですね。
NOVO7 Venusは代引手数料や振込手数料(500円以下)が掛かりますが、
Kindle Fire HDは本体に加えて急速充電器(別売:990円)を購入しないと
厳しいでしょうから、そのぶん、Kindle Fire HDとの価格差は開きます。

個人的には、最初からKindle Fire HDに急速充電器を同梱して16,790円
(=15,800円+990円)で売るべきじゃないかな?と思います。
USB充電だと13.5時間も掛かってしまい、実用にならないですから。

それでは、その価格差ぶんの価値がKindle Fire HDにあるのか?
私はあると思います。
それは、保証期間の違いです。
1週間以内と1年間という大きな差があります。

中華タブレットは、通常の使い方をしていても数か月で故障するケースが
非常に多いと言われています。
にも関わらず、保証期間が1週間以内の販売店が多いのは、本当の初期不具合以外は
故障が多すぎて保証しきれない、ということでしょう。
例えば、赤札天国さんではメーカーに返送する必要がある故障の場合、
一律2,800円の修理代が掛かります。
この時点で、Kindle Fire HDよりも掛かる費用が高くなってしまいますね。
しかも、上記リンク先に書かれているように、修理には2~3か月掛かるようです。
その上、返送しても直らないケースもあります。
さらに赤札天国さんへ送ったり、修理後に送ってもらう場合の輸送料は自分持ちです。

一方、Kindle Fire HDの場合は、通常の日本のメーカー品と同じと考えて良いようです。
自然故障・不具合の場合の輸送料はAmazon持ちです。
(自分責任の場合の故障は、自分持ちですが)
店頭で買った場合は、販売店に自分で持ち込むこともできますし、販売店の保証が
付く場合もあります。

このように、故障時に必要な金額や煩雑さを考えると、単純に「NOVO7 Venusは
Kindle Fire HDよりも安い」と言っていいのかどうか?
これは、中華タブレット全般に言えることかもしれませんが。

その次に注目したいのが、バッテリ持続時間です。
中華タブレットは、電力容量の大きさの割にバッテリの持ちが悪いと言われています。
おそらく、低消費電力でない部品を使っているのだと思います。
その中で、Ainolの製品は、比較的バッテリの持ちが良いことで有名です。
NOVO7 Venusの一世代前のNOVO7 Fireは、実質4~6時間はバッテリが持つそうですから、
実用上はそんなに問題なさそうです。
ただ、Kindle Fire HDはその上を行く11時間。
以下の記事によると、実質でも591分(9時間51分)は持つとのことですから、
やはりKindle Fire HDの方が使いやすいんじゃないでしょうか。

『iPad miniやNexus 7などのタブレットの中でバッテリー駆動時間が一番長いのはどれ?』


重量に関しての情報はまだないのですが、一世代前のNOVO7 Fireが345gだったことを考えると、
Venusもあまり変わらないと思います。
そうすると、Kindle Fire HDは395gと50gも重いので、大きな差になります。
50gと言うと、大したことなさそうなんですが、店頭でKindle Fire HDを片手で持ってみると、
ズシッと来る印象が強いです。
やはり、両手持ちを前提とした機種なんだと思います。
電車の中で立って使うのは、ちょっと辛そう。
個人的には、この重さが気になって、いまだKindle Fire HDの購入に踏み切れていません。


CPUについては、クアッドコアのVenusの圧勝ですね。
チップもCoretx-A9と同じですから、デュアルコアのKindle Fire HDでは敵いません。
実際、タッチ画面操作のスムーズ性は、クアッドコアのNexus7と比べるとKindle Fire HDの
ほうが少し劣る、というのが一般的な評価のようです。
一方、Kindle Fire HDも実用上は問題ないとも言われており、評価が難しいところです。

また、動画再生性能は、CPUよりもGPUやWi-Fi性能に依存します。
の2つの記事が分かりやすいと思います。

『現在、hulu が最も見やすいタブレットな理由』
『地デジ視聴は快適か、nasne と Twonky Beam 連携&Nexus 7 比較』


上記の記事によると、動画再生性能はクアッドコアのNexus7よりもKindle Fire HDの方が
優れているということになります。

ちなみに、中華タブレットはWi-Fi性能(通信速度)に問題を抱えていることが多いようです。
Venusの一世代前のNOVO7 Fireも、Wi-Fiは速度が出なかったり、通常は良くても前触れもなく
突然ガクッと速度が落ちる、といった報告がありますから、Venusについてもその点は不安ですね。

いずれにせよ、Kindle Fire HDのデュアルアンテナ・デュアルバンドの効力は大きいと思います。
特に、IEEE 802.11aに対応しているタブレットはあまり多くはないですから、もし電車等の人混みで
タブレットを使う場合でも、空いている802.11aの電波帯(5GHz帯)を使えるため、
速度が低下しにくいんじゃないでしょうか?

Bluetoothについては、NOVO7 Venusは対応していないそうです。
家でタブレットを使う場合、長い文章を打ち込むにはキーボードやマウスが使えた方が
良いと思うのですが、NOVO7 VenusではBluetoothキーボードやマウスが使えない。
一方、Kindle Fire HDはBluetoothに対応しているので、人によっては、
「Venusは無いな」と考える方も多そうです。

ですが、有線のUSBキーボードやマウスを使うという手もあります。
例えば、USBハブ(U2HS-MB02-4BBK等)をタブレットにつなぎ、キーボードやマウスを
接続して使ってらっしゃる方は多いようです。

個人的には、Bluetoothのキーボードやマウスはレスポンスが遅いことが多い気がするので、
有線のUSBがおススメです。

MicroSDカードスロットについては、様々な考え方あると思います。
もちろん、無いよりはあった方が便利でしょうが、MicroSDは小さくて扱いづらいですから、
携帯電話等で利用した経験からすると、あまり抜き差ししたくありません。
壊したり、無くしたりしそうです。
また、実際にも滅多に抜き差ししませんね。
そうであれば、USBケーブルをパソコンにつないでそちらにデータをバックアップする方が
良い気がします。

また、最大5GBまで無料でネット上に保存できるクラウドストレージの「Amazon Cloud Drive」や
「パーソナル・ドキュメントサービス」もあります。
本体のストレージが16GBもあるわけですから、よほど大量の動画をローカルに
保存したい方でなければ、MicroSDカードスロットを必要とする方は少ないんじゃないかな?と
いうのが個人的な意見です。

最後に、rootを取ったりして使いやすくするための改造・改変についてです。
中華タブレットであるAinol製品は、こういったことに関する情報はかなり充実しています。
特にNOVO7 Fireについては、ネット上に情報が数多くありますので、後継機種のVenusについても
同じように情報は充実すると思います。

ただ、そういった改造・改変の情報については、Kindle Fire HDも負けてはいません。
非常にたくさんの情報がネット上にあります。
私がざっと見た範囲では、以下のサイトが詳しいと思います。

『Kindle Fire HD やっぱり Google APP's 使いたい!! root化』
『Kindle Fire HD使いこなし法(第1回:アプリの追加)』


ただ、root化等の改造や改変は自己責任でお願いします。
失敗してタブレットが動作しなくなった場合、保証期間内でも保証が効かないそうですから。


さて、こうやって見てくると、全体的にはKindle Fire HDの方が良さそうな気がします。
ですが、絶対価格や重さ・クアッドコアに惹かれるのであれば、リスクを取って
NOVO7 Venusを買うという選択もありそうです。

ちなみに、NOVO7 Venusが発売されたら、原道N70双撃HDが値下がりしないかな?と思っています
中国の春節(正月)が終わる2月下旬になったら、何か買おうかな?
我ながら、気が長い話ですね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。