上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
美しい、としか言いようがありません。
心が動きました。

フィギュアスケート2013世界選手権。
キム・ヨナが圧倒的な演技で優勝しました。

音楽との一体感、指先にまでオーラをまとっているようなスピーディーで優雅な振舞い。
キレのあるスケーティングに、華麗すぎるジャンプ。

本当に素晴らしかったです。
夢を見ているようでした。

中でも、音楽と演技の一体感はすごくて、キム・ヨナの演技に合わせて音楽が
流れているような錯覚に陥るほど。
フィギュアは普通のスポーツではなく、スポーツの形をした芸術だということを
再認識させられました。

2年ものブランクがあったのに、本当に完璧超人ですね、キム・ヨナは。
顔に意思の強さと冷たさが見えているようで、ちょっと損をしている彼女ですが、
だからこそここまで自分を追い込んで努力して、人間が成し得るとは思えないまでの
完璧な演技ができるのでしょう。
まさに別格です。

キム・ヨナには2年間のブランクがありましたが、それは彼女の芸術性を高めるための
良い充電期間だったのかもしれません。

一部に得点が高すぎる、等と言う方がいますが、それは些末な話だと思います。
ここまでの圧巻の演技にケチをつけるなんて、とんでもない。

もちろん、清く正しくかわいらしい浅田真央を応援したくなる気持ちも分からなくはないです。
ですが、私はキム・ヨナの演技を素直に称えることのできる人でいたいな、と思います。


■余談:
フィギュアで流行っている一部が肌色になっているコスチュームって、何とかならないんでしょうか。
肌を出してる風に見せることで、きれいさや大人っぽさ等の芸術性をアップしたいのでしょうけど、
なんだかげんなりします。
観客は別に肌を見たいわけではないと思うし(少なくとも私はそうです)、演技の美しさをアップするために
出した方がいいと思うのなら、ちゃんと出しましょう。
小手先で肌を出しているように見せかけるのは、なんだかセコイ感じがして、
あまり気分の良いものではありません。

スポンサーサイト
こんな記事を見つけました。

「浅田真央はエッチするべき」 「暴言」でラサール石井が謝罪

ラサール石井って勇気ありますね
こんなことを芸能人がつぶやいたら、大騒ぎになるのは目に見えているのに。

ただ、おっしゃっていることは、すごく的を射ていると思います。
15歳頃の真央ちゃん(あえて、ちゃん付け)の演技は、素直できれいで感動的でした。
その良さを表現するなら、自分の娘が幼稚園の劇に出ていたときに感じる
「きれいだね、かわいいね!」
という感覚の延長戦上だったと思います。
少女ならでは、と言うか、子供ならではのきれいさ・かわいさでした。

ですが、20歳になった浅田真央は、身体は大人になってしまったのに、
メンタルは子供の感覚から抜け出られていない気がします。

それが、ラサール石井がおっしゃる「棒っ切れが滑ってるみたい」という部分に
つながっているのでしょう。

ですから、浅田真央がフィギュアで一皮むけるために、子供の感覚から抜け出して
色気を身につけることは大切だと思います。
いまのままでは、技術がどれだけ上手くなっても、世界のトップを取るのは難しそうです。

ただ、私は浅田真央を娘のような感覚で見ていたので、彼女に色気をつけて欲しいか?と
訊かれるとビミョです。
正直、色気のある真央ちゃんなんて、想像したくありません。
15歳のときの真央ちゃんのままでいて欲しいよー。

追伸:
Hすると女性は色気が出てくる、という話はよく聞きますが、本当なのでしょうか?
誰か女性にお詳しい方、教えてください
ちょっとサッカーとは違う話題です。

キム・ヨナの復帰戦(フリーのみ)を見ました。
ちょっとミスがありましたが、本当に美しい演技でした。

ジャンプも高くきれいで、スケーティングの伸びと言うかなんと言うか
華麗さがたまりません。
ステップもきれいですし、音楽とも合っていました。
ほれぼれしました。

フィギュアの得点の付け方は全く分からないのですが、
個人的には、美しさはキム・ヨナが世界一だと思います。

安藤美姫もがんばっていましたね。
ステップがきれいでした。
以前に比べると、格段に演技が美しくなっていると思います。
ただ、ジャンプは技術的には良いのでしょうが、回転が速いだけで
美しさではキム・ヨナとは差があります。

浅田真央は、背が高くなってから成長が止まってしまいましたね。
去年のバンクーバー五輪は銀メダルでしたが、キム・ヨナとは美しさに
差がありました。
浅田は15歳のときの頃の方が、演技は美しかったです。

村上佳菜子も、15歳のときの方が演技が美しかったような・・・・。
完成度は上がっているのだと思いますが、なんだか見ていてあまり
美しさを感じなくなりました。

素人目には、伸び悩んでいる感じがします。


こう考えると、やっぱりキム・ヨナはすごいなぁ~と思います。

ん?
優勝は安藤美姫で2位がキム・ヨナ?
へぇ。

私には点数のつけ方は分からないので、誰が優勝だろうと気にならなかったりします。(爆)
女子のフィギュアスケートを見ました。
全日本選手権かな?
浅田真央や安藤美姫が出てました。

フィギュアには全然詳しくない私ですが、今回、村上佳菜子という15歳の選手の演技に感動しました。
生き生きしていて、回転ジャンプも回る速度が速くて、躍動していて、すごくキレイでした。

浅田真央は、なんだか4年前の方が良かったですね。
技術は上がってるんでしょうが、感動しませんでした。
勝ちたいという意思は感じましたが、キレイな演技だな~と思えなかったです。

個人的には、ぶっちぎりで村上さんが優勝です。

以上、素人のたわ言でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。