上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
突然、マンガの話です。
サッカー漫画の名作と言えば、草場道輝氏の「ファンタジスタ」が必ず挙がると思います。
現在、その続編の「ファンタジスタ ステラ」が少年サンデーで連載中なのですが、ぶっちゃけ、こっちは少し落ちます。
主人公級のキャラクターが多すぎて、話が散漫になっているからです。
主人公が塁なのか、本田なのか、てっぺいなのか?

そうは思うのですが、やはり、思い入れのあるキャラが出ているのは確かで、ときどき読んでしまいます。
個人的に一番好きなのは、森川竜司。
てっぺいの幼馴染で、てっぺいの姉の琴音をずっと好きな天才ボランチ。
元トップ下で、でもボランチにコンバートされて、攻撃も大好きなのにきちんと守備に奔走する。
優しくて、個性的な代表メンバーの間を取り持って、プレーでも人のために縁の下の力持ちになることを厭わない。
そのくせ、琴音さん一筋なところだけは譲らない。

ステラの中では、真面目に計算すると、琴音が35歳・竜司が29歳のはずだけど、絵的にはもう4~5歳若い感じかも。
最近、20年近い竜司の片想いが琴音に伝わり始めていて、ようやくHappyな方向に動きつつあります。
いま、連載ではブラジル戦の真っ最中ですが、週刊サンデー29号で、てっぺいの後ろに上がってきた竜司を見た琴音のセリフがすごく良かった。

「好きよ、竜ちゃん」

たったこれだけですが、いろんな感情が込められていて。
近藤を上げ、1ボランチでチームのために耐えて耐えて(あんなに攻撃が好きなのに)、耐え抜いたこと。
そして、ここぞと言うタイミングで、最大限の勇気を振り絞り、リスクを冒して上がってきたこと(竜司が上がったら、0ボランチになる!)
でも、琴音はチームのため・てっぺいのために竜司が上がってくると信じていて、本当に上がってきたこと。
そして、献身的にみんなのために戦えて、でも、ここぞという場面では勇気を見せるところ。そういうところを素直に好きだと思ったこと。

最初の連載時の琴音のつれなさを考えたら(竜司を子供だとしか思ってなかったからだけど)、竜司がやっと報われた瞬間だと思いました。
たぶん、ステラから読みだしたら、この感情は分からないと思いますが、最初のファンタジスタから読んでたら、分かってくれる人は多いと思います。
良かったね、竜司。
スポンサーサイト
私は、アーセナルファンで内田篤人ファンで日本代表ファンでゆるいジェフ千葉ファンなわけですが、最近は色々と残念なんですよね。
アーセナルは、下位にこそ勝っていますが、上位には勝てない。CLも、もしグループリーグ突破したとしても、2位突破は間違いない。
そして、試合内容は最低です。サンチェス1人におんぶにだっこです。
間違いなくベンゲル監督の責任なわけです。

内田も個人は調子は悪くないようですが、シャルケがいまいち。
特別、シャルケファンなわけではないんですが、やっぱり、内田が所属している以上、それなりの成績を残して欲しいんですよね。
でも、なかなか上向きにならない。

日本代表も、個人的にはアギーレに好感を持っているんですが、まだ就任3か月なのに批判がひどすぎる。
日本サッカー協会も、山あり谷ありということを理解せずにアギーレ批判を始めてる感じだし。
もっと我慢しろよ、JFA。自分らで選んだ監督なんだから、1年半くらいは守ってやれよ。

ジェフ千葉も、自動昇格圏内の2位は逃したので、今季、もしJ1に上がることがあっても、
期待はできないです。
J1って、そんな甘いところじゃないので。プレーオフで上がっても、来季落ちるのは間違いないですね。

・・・・と、自分が好きなチームや選手がビミョーな状態だとストレスが溜まるわけです。
アギーレジャパンは別に悪くないんだけど、周りの理解を得られないのが哀しすぎる。
結果しか見てないんだよぁ、みんな。
僕は、結果よりも大事なことがあると思っているので。
別の言い方をすれば、内容が良ければ結果はついてくる。そして、内容を得るためには、時間が掛かる。
それが分からないのは、坊やだからさ。<シャア風

で、アトレティコやレアルやチェルシーを見て、ため息をつくわけです。
彼らは、全部が全部ではないにしろ、概ねいい内容の試合をしています。結果、負けたり引き分けたりしても、やれることをやってる感が凄くある。
だから、レアルやチェルシーはリーグもCLグループリーグもトップにいるわけだし、アトレティコもトップと勝ち点1差のリーグ3位でCLグループリーグも1位。
内容があれば、結果も付いてくる典型です。

やっぱり、好きなチームや選手には、良い内容を期待したいです。
じゃなきゃ、何のためにサッカーを見てるのか分からない。
結果だけが重要なら、ニュースで結果だけ見てたらいいんじゃないの?と思ってしまいます。

そんな訳で、とりあえず、アーセナルには次々節でマンUには良い試合を見せて欲しいです。
サンチェス1人におんぶにだっこは見たくない。
ロシツキを起用してよ、ベンゲル監督。


今日、久しぶりにNumberを読みました。
860号「日本サッカー再生計画。」という題名が付いています。

ウルグアイ戦を見て、あっち「アギーレジャパンはアトレティコ・マドリードと似た匂いを
感じる」
という意味合いの記事を書きました
が、意外にもこのNumberの各種インタビュー記事は、そのことを繰り返し繰り返し指摘して
いました。

まず、アギーレ監督への直接インタビュー記事の題名が

「アトレティコのような戦える集団を作りたい」

ですし、スペイン紙マルカのアギーレ番記者だったファン・カストロも、これまでアギーレ監督
の作ってきたチームとシメオネ監督のアトレティコとの類似性を指摘しています。

キーワードは「戦う」ということ。
これは堅守という意味ではありません。
攻撃と守備を分けて考えず、戦術や技術よりも「戦う」ことを最優先にしたチームを作るのが
アギーレ監督の特徴だ、というわけです。

なるほどなぁ、と思いました。

私はアギーレ監督に関する記事は、ほぼ読まずに(アーセナルのことで頭がいっぱいでした)
ウルグアイ戦を見たのですが、私の第一感は結構当たってたんだな、と思います。

それから、記事の中で興味深かったのは、アギーレ監督は戦術もフォメーションも後付けで作る、
という部分です。
選手たちの特徴を見て、後から戦術やフォーメーションを決める、という意味ですね。

これは本人もそういっていますし、先ほどのファン・カストロ記者やメキシコ代表で一緒だった
スタッフ(?)へのインタビューでも同じことを言っていました。

だからこそ、特にフォメーションにこだわりはないんでしょう。
ウルグアイ戦で、4-1-2-3から全く練習していない4-4-2に変更したのは、戦術ありきや連携優先
ではなく、戦える集団であれば、フォーメーションは状況次第でどんどん変更していく、という
ポリシーの現れだと思います。

私の中では、アギーレ監督はポゼッションサッカーも堅守速攻も両方やる引き出しの多い監督、
というイメージだったのですが、その理由が今回のNumberの記事で初めてよく理解できました。
世界中を見渡しても、ポゼッションと堅守速攻の両方が得意な監督はかなり珍しいですから。

そういう意味で、ブラジルW杯で柔軟性に欠けた戦いをして負けた日本代表にとっては、
ちょうど適任の代表監督が就任してくれたのかもしれません。

アギーレジャパンの今後の成長が楽しみです。
いまのよちよち歩きから、どういう道筋を経て成長してするんでしょうか。
ザックジャパンの最初の頃と同じく、新鮮な気持ちで日本代表を応援できる気がします。
ここをずっと読んでいただいている方は分かると思いますが、私は、移籍の話題が苦手です。
特に、8月末になると狂ったように移籍の話題が飛び交う。
マスコミもそうだし、ネット上の一般人も掲示板、LINE、Facebook、Twitter、ブログに次々と
その手の話題を書き込みます。
特に、大半の学生さんはまだ夏休みなので、もういろんなところで発言しまくりです。

多少は分かりますし、私も全く興味がないとは言いませんが、ちょっと常軌を逸してるんじゃないの?
ええやん、放っとけば。
移籍最終日(今年は9月1日?)が来れば、嫌でも誰が移籍したのか、しなかったのかが分かるんだから。
数日くらい静かに待っとけないのかなぁ。

今夏は、マンUの香川が移籍するかもしれない、という噂が立っているので、さらにその手の話題がネットを席巻しています。
昨日、CLの組み合わせが決まったところだし、週末の試合ではウィルシャーを妙に重用したために80億円掛けて取ったエジルが左サイド、という訳のわからないフォメが続くのか、とかロシツキはいつ出場するのか、とかいろいろと気になることがあるんですよね。
で、他の方がどう思っているのか、どんな意見をお持ちなのか等を見てみたかったりするんですが、全て移籍の話題にそういった発言は流されて消え去っていってます。
とてもストレスが溜まります。

移籍の話題があまりにも過剰ななので、早く沈静化して欲しいと思いますね。
アトレティコ・マドリードが、ドルトムントのマルコ・ロイスを37億円(2700万ユーロ)で獲得するという噂が流れています。
それも、噂を流しているのはスペイン紙のようです。

が、私はこれはガセだと思います。
理由は、

① 移籍金額が安すぎる。
② ①にも関わらず、いまのアトレティコが準備できる金額を超えている。
③ アトレティコは、ロイスのためにレギュラーポジションを確保できない。

からです。

②については、選手への年棒も含みます。
クラブの格で言えば、ドルトムントとアトレティコは大差がないので、
ロイスが敢えてアトレティコに行きたいと思う可能性は低いでしょう。
ロイス個人にとっては、年棒とポジション、そしてクラブとしての強さに
惹かれるかどうかが決め手だと思います。
一方で、アトレティコはお金の準備も困難だし、ポジション確約もできません。
攻撃的MFとしては、10番のアルダ・トゥランや生え抜きで成長株の
コケがおり、先発を確約することも厳しい。

そういう訳で、アトレティコがロイスを獲得することはたぶん無いと
思いますね。
・・・つーか、メキシコ代表FWのラウール・ヒメネスを獲得しただけでも
ビビリました。
え、そんなお金、どこにあったん?
と思ったくらいですから。
※移籍金は15億円(=1100万ユーロ)と言われています。

毎年思いますが、ホント、移籍の噂っていい加減ですよね~。
私はそういうのに踊らされるのが苦手なのですが、噂に乗るのが楽しい、
という人も多いようです。
私には、全く分からない感覚です
いちいち噂を本気にしていたら、疲れてしまいます。

ちなみにアーセナルでは、ベンゲル監督が、今後、DMFかCBを獲得する
ような発言をしていますが、たぶん、超一流クラスは獲得しないんじゃない
かなぁ、と思います。
我スカをかます可能性も大きいですしね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。