上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、また、中華タブレットに興味を持っています。
理由は、寝っ転がりながら、サッカーの試合を見たいからです。
夜の寝入り端(ばな)に、ネットするのにも良さそうです。

しばらく中華タブレットの世界から離れていたので、最近の動向がまるで分かってなかったのですが、中華タブレットなのにIntelのCPUを積んでいるのが、今の主流なんですね!
驚きました。
まさか、中華でIntel・・・。
以前は、中国製のCPUが主流だったのに(RK3066、RK3188等)、時代が進むのは速いですね。

しかも、AndroidとWindowsのDualブートが可能なのが、中華の特徴のようです。
ま、これは、何となく知ってはいましたが、そのせいで32GBの内部ストレージ(フラッシュディスク)を持っていても、OSで容量を食うため、結構、残り容量は少ないみたいですね。
言われてみれば当然なんですけど、最初は気づかなかったです。

個人的には、タブレットのOSはAndroidだけで良いんですが、Androidのみが入った中華タブレットはあまり無いらしく(Windowsのみのものはある)、それだったら、このDualOS版を買うことになりそうです。
Windowsは特別必要はないですが、入っているのなら入っているで、何か活用できるかもしれませんし。

それと、最近のスマホの大型化(5.5インチが主流になりつつある)に伴って、7インチのタブレットが廃れつつあるようですね。
少なくとも、中華タブレットの世界では。
なるほどな、という気がします。
いま、主流なのは、8インチと10インチだそうです。
この大きさなら、持ち運ぶと言うより、家の中で使うことがメインなんだろうな、と思います。
まぁ、私も、家の中で使いたくてタブレットが欲しい訳ですし。

そんな訳で、今回のターゲットは8インチ。10インチは、やっぱ、重いんだよね~。
寝っ転がって使うには、8インチが限界でしょ!
そこで、色々と探して見た結果、いま、8インチで熱いのは、この機種だと思います!

Teclast X80 Power

http://www.gearbest.com/tablet-pcs/pp_353942.html
http://win-tab.net/imported/teclast_x80_power_1604202/


Teclast X80 Power -1

Teclast X80 Power -2



■主なスペック

OS: Android 5.1、Windows 10のDualブート
CPU: Intel Atom X5-Z8300(64bit、クアッドコア。1.84GHz)
RAM: 2GB
内部ストレージ: 32GB
ディスプレイ: 8インチIPS(1920 x 1200
ネットワーク:  802.11 b/g/n/、Bluetooth
カメラ: イン/アウトとも2MP
入出力: microUSB、microHDMI、microSD(128GB)、オーディオ
バッテリー: 3800mAh
サイズ: 208.3 x 123.4 x 7.3 mm / 320 g

今月(2016年6月)になって本格出荷され始めた新機種です。
ディスプレイと外部ストレージ周り以外は、ほとんど同じスペックの以下の2機種が先に発売されており、中華タブレットとは言っても、ある程度枯れているでしょうから、それなりの動作安定性が期待できると思います(バッテリ周りは除く)。

◆先行機種

Teclast X80 Plus (発売開始:2015年11月頃)
 [Powerとの相違点]
  ・画面解像度が1280×800。(Powerは1920×1200)
  ・microHDMIが無い。
  ・microSDドライブが、32GBまでしか対応していない(Powerは128GB対応)

Teclast X80 Pro (発売開始:2016年2月頃)
 [Powerとの相違点]
  ・本体裏面がプラスチック製(Powerは金属製)
  ・microSDドライブが、32GBまでしか対応していない(Powerは128GB対応)

こう見ると、ほとんど変わっていないです。
特に、ProとPowerの差は、ほんのわずかです。
つまり、中華タブレットには珍しく、安定性を期待できる機種(特にファームウェア周り)だと思います。

しかも、価格は98.89ドル。
円高が進んでいますから、1ドル=105円で換算すると、たったの10,384円という安さ。
これは欲しくなっても、しょうがない(笑)

Powerは金属製なので放熱も期待できますから、壊れにくい可能性もあります。

と言うことで円高のうちに買ってしまいたいのですが、さすがに発売された直後なので、不安です。
いくら先行機種があって枯れている可能性が高いとは言え、バッテリ周りは油断できません。
使っているバッテリが変更されている可能性もあります。
また、microSDの128GBが読み込めるかどうか等はファームウェアに依存する可能性があるため、そこも心配です。

そんなわけで、たいへん申し訳ないですが、アーリーアダプター(初期少数採用者)が購入してみて、その安定性や機能がどうだったかを確認してから購入したいと思います。
中華タブレットの品質の低さ(と言うか、バッテリの出来の悪さ)は、momo7 daren editionで嫌と言うほど味わいましたから。

【追記】
この機種が駄目だったら、定評のある(でも、ちょっと処理が遅いらしい)CHUWI Hi8 Proを狙うかなぁ。
でも、定評があり過ぎて、ちょっとつまんなさそーな感じはしますけどね。

↑やっぱ、中華タブレットを買おうと考える人は、おもしろそうかどうかってトコにポイントを置いちゃいますよね~(^^;
スポンサーサイト
突然、マンガの話です。
サッカー漫画の名作と言えば、草場道輝氏の「ファンタジスタ」が必ず挙がると思います。
現在、その続編の「ファンタジスタ ステラ」が少年サンデーで連載中なのですが、ぶっちゃけ、こっちは少し落ちます。
主人公級のキャラクターが多すぎて、話が散漫になっているからです。
主人公が塁なのか、本田なのか、てっぺいなのか?

そうは思うのですが、やはり、思い入れのあるキャラが出ているのは確かで、ときどき読んでしまいます。
個人的に一番好きなのは、森川竜司。
てっぺいの幼馴染で、てっぺいの姉の琴音をずっと好きな天才ボランチ。
元トップ下で、でもボランチにコンバートされて、攻撃も大好きなのにきちんと守備に奔走する。
優しくて、個性的な代表メンバーの間を取り持って、プレーでも人のために縁の下の力持ちになることを厭わない。
そのくせ、琴音さん一筋なところだけは譲らない。

ステラの中では、真面目に計算すると、琴音が35歳・竜司が29歳のはずだけど、絵的にはもう4~5歳若い感じかも。
最近、20年近い竜司の片想いが琴音に伝わり始めていて、ようやくHappyな方向に動きつつあります。
いま、連載ではブラジル戦の真っ最中ですが、週刊サンデー29号で、てっぺいの後ろに上がってきた竜司を見た琴音のセリフがすごく良かった。

「好きよ、竜ちゃん」

たったこれだけですが、いろんな感情が込められていて。
近藤を上げ、1ボランチでチームのために耐えて耐えて(あんなに攻撃が好きなのに)、耐え抜いたこと。
そして、ここぞと言うタイミングで、最大限の勇気を振り絞り、リスクを冒して上がってきたこと(竜司が上がったら、0ボランチになる!)
でも、琴音はチームのため・てっぺいのために竜司が上がってくると信じていて、本当に上がってきたこと。
そして、献身的にみんなのために戦えて、でも、ここぞという場面では勇気を見せるところ。そういうところを素直に好きだと思ったこと。

最初の連載時の琴音のつれなさを考えたら(竜司を子供だとしか思ってなかったからだけど)、竜司がやっと報われた瞬間だと思いました。
たぶん、ステラから読みだしたら、この感情は分からないと思いますが、最初のファンタジスタから読んでたら、分かってくれる人は多いと思います。
良かったね、竜司。
突然、築地の「高はし」に行きたくなりました。
おいしい魚を出してくれるお店です。
とっても良いお値段がするので、ふだんはなかなか行く機会がありません。
が、思い切って2015年1月10日(土)に行ってきました。

このお店のことは、以前にも記事に書いたことがあります(高はしに行ってきた)。
どの魚もおいしいと聞きますが、特に煮魚が有名なので、前回行ったときはノドグロの煮つけを食べましたね。
旨かった~。
今回は何を食べようかな?

高はしは朝8時に開店なので、結構、家を早く出なくちゃいけません。
土曜だから、観光客が多いのは必至。
あんまり行くのが遅いと、売り切れちゃうメニューが出るみたいなんですよね。
ちなみに、13時には営業終了だそうです。

結局、この日は朝5時半には家を出発することにしました。
同じ首都圏内ですが、築地って結構遠いんだよね。
ここ数日はとんでもなく寒く、都内でも最低気温が-3℃だったりしたので、前日に100円ショップで防寒グッズを買い揃えました。
靴下にシールで張るカイロ、おなかにもカイロ、さらにネックウォーマー。
これで準備万端です。さぁ、築地へGo!

朝7時過ぎに高はしに到着。
当然、人が並んでいます。14~15人ほどの列です。
お店の席数は確か10席くらいでしたから、8時半頃には入れそう。
そうすると、1時間半ほど列に並ぶ必要があります。ディズニーランド並みですね

ちなみに、隣りの「米花」はの列は、高はしよりもさらに長かったです。30人くらいかな?
その上、20代~30代の女子が多い。
どうやら、数日前に「マツコの知らない世界」というテレビ番組で米花の海鮮丼が紹介されたからのようです。
さすが、テレビの影響はスゴいな~

列の前の方に並んでいるのは常連さんらしく、お互いに色々と話をなさっています。
年配の方もいれば、20代後半くらいの男子もいました。
年齢を超えて交流している感じで、ほほえましいです。

高はしの前は風があまり当たらないからか、思ったよりは寒くなかったですが、それでも寒い。
おかげでネックウォーマーが大活躍。100円なのに、これだけあったかいのは素晴らしい。
デザインもシンプルで悪くないし。
みなさん、ローソンストア100のネックウォーマーは、オススメですよ!
足先カイロも、地面から上がってくる冷えを抑えてくれるので助かりましたね。

私が並んだあとも、後ろに続々と列が伸びていきます。
アジア系の外国人の方も並びましたが、かなり並ぶ必要があることが分かったからか、途中であきらめて離脱してしまいました。
米花の列も凄いですが、高はしの2軒左隣りにある「かとう」も結構な列です。
ここも有名なお魚のおいしいお店(私は行ったことはありませんが)。
15~20人くらい並んでいます。
そして、かとうは朝5時開店で、もうお店が開いているのに列が減らない。
人気なんだなぁ、と思います。
(ちなみに、米花も朝5時開店です)

ちなみに、高はしは、朝8時の開店前に築地市場関係者(?)のみなさんが裏から先に入って朝食を摂るのが習わしのようです。
8時少し前に、お店の方(男性、30~40代)が出てきて
「すみません、今日は先に入ってる方々が呑んでます! だから、回転悪いので、待つと思います。 ごめんなさい!」
と一生懸命言っていました。
かわいかった(笑)
うんうん、いくらでも待つよ。そんで、俺も朝酒呑んでやる

店が開店し、列が少しずつ前に進みます。
ようやく今日のお品書きが見えてきました。

おしながき

あんこう煮はないのか、、、残念。
じゃあ、今回は刺身を食べてみようっと。誰かのブログに載ってた記事だと、刺身も美味そうだったし。
刺身のメニューは、店内にあるはず。

後は、赤メバルの煮つけかな。
ホントは、きんきの煮つけを食べたいけど、さすがにこの値段じゃ手を出せない。。。

8時40分。
ようやく入店です! 結構、待ったな~。やっぱ、人気だわ。

店内は、なかなか静かです。外の喧騒が嘘のよう。
確か前に来たときも、こうでした。

お店のおねえさんが、「はい、ご注文がお決まりでしたら、どうぞ!」と声を掛けます。
え、ちょ、ちょっと店内のメニューも落ち着いて見させてよ。
列が長いから早めに注文して欲しい、というのは分かるんだけども。
焦りながらも、注文します。

まずは、お酒が出てきます。
今回は常温で頼みました。

神鷹

あまり知らない銘柄ですが、思ったよりもおいしいです。
お酒をちびちびとやりながら、料理を待ちます。
1回、やってみたかったんですよね、「お酒をちびちびやりながら、料理を待つ」って。
なんだか、日本の渋いおじさんっぽくて、良くない?

なーんて、一人で勝手に悦に入っていたら、お刺身が来ました。
上刺身盛り合わせです。

おさしみ

めっちゃキレイ 食べるのがもったいないくらい。
うまそーーーー!!
寒ブリ、ヒラマサ、マグロの中トロ、赤身、ホタテ、青のり。
超豪華です。
しかも、すんごい厚切り。
お酒を飲みながら、おいしい刺身を食べられるなんて、、幸せだ。。。

特に旨かったのが、ホタテでした。味が濃かったです。
ぶっちゃけ、こんなに旨いホタテを食べたのは、人生で初めてです。
後で調べてみたら、ホタテの旬って1月らしいです。だから、こんなに旨かったのか。
もうちょっと食べたかった

それから、青のりもとても印象的でしたね。すっごく風味豊かで。
青のりなんて、お好み焼きに振りかけたのしか食べたことがなかったので、新鮮な生の青のりがこんなにおいしいものだとは、初めて知りました。
帰り際、お店の人に青のりがおいしかった、と言ってしまったほどです。
たぶん、この店で、魚を誉めずに青のりを誉めた人は僕以外にいないでしょう

寒ブリも言うに及ばず。やっぱり旬ですね。

ヒラマサとマグロの中トロ・赤身は、おいしいけれど、結構ふつうな感じでした。
もちろん、ふだんスーパーで買うのと比べたら、雲泥の差ですけどね。

そして、刺身を食べ終えたころ、ちょうど赤メバルの煮付けが来ました。

赤メバルの煮つけ

これもキレイ。めちゃくちゃキレイです。すごいや、ホント。

煮魚って、目の周りから骨の間から全部ほじって食べますよね。
だから、思わず魚だけに集中してしまいます。
ほじって食べ、ほじって食べ。
夢中になって食べます。
ほんと旨い。

1人で来て良かった。2人以上で来ても、会話する余裕ない(笑)
一気に食べてしまいました。

そして、煮つけと言えば、煮汁。これを飲まなくちゃもったいない。
行儀は悪いですけど、半分くらい飲みました。
うめぇ。
しまった、ごはんも頼めば良かった。そしたら、煮汁をごはんに掛けて食べたのに。

赤メバルの煮つけ(後)

あっという間に完食。旨かったぁあ。

お会計は、計4,700円(税込)。
<内訳>
上刺し身盛り合わせ   :2,000円
赤メバルの煮つけ(単品):2,200円
神鷹             : 500円

やっぱり良いお値段です。が、それだけの価値はありましたね!
ほんと旨かったもん。
変な新年会に行くよりは、こっちの方がずっといい。
大満足でした。

【追記】
↓は、帰り際の高はしです。9時半頃でしたが、まだ、こんなに並んでいました。。。
どうか品切れになりませんように!

高はしに並ぶ人の列(朝9時半頃)
私は、アーセナルファンで内田篤人ファンで日本代表ファンでゆるいジェフ千葉ファンなわけですが、最近は色々と残念なんですよね。
アーセナルは、下位にこそ勝っていますが、上位には勝てない。CLも、もしグループリーグ突破したとしても、2位突破は間違いない。
そして、試合内容は最低です。サンチェス1人におんぶにだっこです。
間違いなくベンゲル監督の責任なわけです。

内田も個人は調子は悪くないようですが、シャルケがいまいち。
特別、シャルケファンなわけではないんですが、やっぱり、内田が所属している以上、それなりの成績を残して欲しいんですよね。
でも、なかなか上向きにならない。

日本代表も、個人的にはアギーレに好感を持っているんですが、まだ就任3か月なのに批判がひどすぎる。
日本サッカー協会も、山あり谷ありということを理解せずにアギーレ批判を始めてる感じだし。
もっと我慢しろよ、JFA。自分らで選んだ監督なんだから、1年半くらいは守ってやれよ。

ジェフ千葉も、自動昇格圏内の2位は逃したので、今季、もしJ1に上がることがあっても、
期待はできないです。
J1って、そんな甘いところじゃないので。プレーオフで上がっても、来季落ちるのは間違いないですね。

・・・・と、自分が好きなチームや選手がビミョーな状態だとストレスが溜まるわけです。
アギーレジャパンは別に悪くないんだけど、周りの理解を得られないのが哀しすぎる。
結果しか見てないんだよぁ、みんな。
僕は、結果よりも大事なことがあると思っているので。
別の言い方をすれば、内容が良ければ結果はついてくる。そして、内容を得るためには、時間が掛かる。
それが分からないのは、坊やだからさ。<シャア風

で、アトレティコやレアルやチェルシーを見て、ため息をつくわけです。
彼らは、全部が全部ではないにしろ、概ねいい内容の試合をしています。結果、負けたり引き分けたりしても、やれることをやってる感が凄くある。
だから、レアルやチェルシーはリーグもCLグループリーグもトップにいるわけだし、アトレティコもトップと勝ち点1差のリーグ3位でCLグループリーグも1位。
内容があれば、結果も付いてくる典型です。

やっぱり、好きなチームや選手には、良い内容を期待したいです。
じゃなきゃ、何のためにサッカーを見てるのか分からない。
結果だけが重要なら、ニュースで結果だけ見てたらいいんじゃないの?と思ってしまいます。

そんな訳で、とりあえず、アーセナルには次々節でマンUには良い試合を見せて欲しいです。
サンチェス1人におんぶにだっこは見たくない。
ロシツキを起用してよ、ベンゲル監督。


今日、久しぶりにNumberを読みました。
860号「日本サッカー再生計画。」という題名が付いています。

ウルグアイ戦を見て、あっち「アギーレジャパンはアトレティコ・マドリードと似た匂いを
感じる」
という意味合いの記事を書きました
が、意外にもこのNumberの各種インタビュー記事は、そのことを繰り返し繰り返し指摘して
いました。

まず、アギーレ監督への直接インタビュー記事の題名が

「アトレティコのような戦える集団を作りたい」

ですし、スペイン紙マルカのアギーレ番記者だったファン・カストロも、これまでアギーレ監督
の作ってきたチームとシメオネ監督のアトレティコとの類似性を指摘しています。

キーワードは「戦う」ということ。
これは堅守という意味ではありません。
攻撃と守備を分けて考えず、戦術や技術よりも「戦う」ことを最優先にしたチームを作るのが
アギーレ監督の特徴だ、というわけです。

なるほどなぁ、と思いました。

私はアギーレ監督に関する記事は、ほぼ読まずに(アーセナルのことで頭がいっぱいでした)
ウルグアイ戦を見たのですが、私の第一感は結構当たってたんだな、と思います。

それから、記事の中で興味深かったのは、アギーレ監督は戦術もフォメーションも後付けで作る、
という部分です。
選手たちの特徴を見て、後から戦術やフォーメーションを決める、という意味ですね。

これは本人もそういっていますし、先ほどのファン・カストロ記者やメキシコ代表で一緒だった
スタッフ(?)へのインタビューでも同じことを言っていました。

だからこそ、特にフォメーションにこだわりはないんでしょう。
ウルグアイ戦で、4-1-2-3から全く練習していない4-4-2に変更したのは、戦術ありきや連携優先
ではなく、戦える集団であれば、フォーメーションは状況次第でどんどん変更していく、という
ポリシーの現れだと思います。

私の中では、アギーレ監督はポゼッションサッカーも堅守速攻も両方やる引き出しの多い監督、
というイメージだったのですが、その理由が今回のNumberの記事で初めてよく理解できました。
世界中を見渡しても、ポゼッションと堅守速攻の両方が得意な監督はかなり珍しいですから。

そういう意味で、ブラジルW杯で柔軟性に欠けた戦いをして負けた日本代表にとっては、
ちょうど適任の代表監督が就任してくれたのかもしれません。

アギーレジャパンの今後の成長が楽しみです。
いまのよちよち歩きから、どういう道筋を経て成長してするんでしょうか。
ザックジャパンの最初の頃と同じく、新鮮な気持ちで日本代表を応援できる気がします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。